シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

情報社会史

開設大学 椙山女学園大学
科目コード 292408
担当教員 米田 公則

(文化情報学部教授)
学年配当 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 金曜日
開講期間 前期
開講時間割1 1限 09:10 ~ 10:40
教室 星が丘キャンパス文化情報学部棟319
履修条件 女子学生に限る。
募集定員 30
募集時期 4月
開講期間 4/5~7/31
講義概要 【授業のテーマ】
メディア発達の歴史と社会への影響---世界史的視点からのメディアと社会の関係を考える。
【授業の到達目標/育成する能力】
メディアの発達が社会へどのような影響を与えてきたかについての知識を修得し、メディアと社会の関係を歴史的な観点から理解し、現代におけるメディアの影響を理解する基礎的態度を身につける。〔知識・理解、思考・判断、態度・志向性〕
【授業内容】
現代社会を表すキーワードの一つとして「情報化」がある。今日「情報」のあり方の変化は、個人の生活のみならず、社会全域に大きな影響を与えている。本講義では、はじめに「情報」「情報化」「コミュニケーション」「メディア」などの基本的概念を考察し、その後、メディアの発達の歴史について概観し、それが社会にどのように関係し、影響を与えてきたのかを解明する。最後に、情報化の進展の中で私たちの生活と社会がどのような影響を受けつつあるのかを検討する。
【授業計画】
1.情報と情報化
2.コミュニケーションとメディア
3.メディアの発達史I(文明の発達とメディア)
4.メディアの発達史II(印刷革命、市民革命と公共圏)
5.メディア発達の社会的影響I(近代とメディア)
6.メディアの発達史III(マスメディア革命)
7.メディア発達の社会的影響II(大衆とメディア)
8.メディアの発達史IV(デジタル・メディア革命)
9.メディア発達の社会的影響III(グローバリゼーションとの関わりで)
10.情報社会論の考え方と争点
11.情報社会論と世界システム1(世界システム論からの理解)
12.情報社会論と世界システム2(現代の位置づけ)
13.メディア、情報、コミュニティ
14.今日の情報化と社会への影響
15.まとめ
【授業の進め方】
講義を中心に授業を進める。学生の理解を深めるために、随時資料を配付する。
テキスト・参考文献 教科書は使用しない。
授業中に参考文献、資料を紹介する。
試験・評価方法 筆記試験。
途中でレポートを課す予定。(7回の授業の後を予定)
筆記試験とレポートを総合的に評価する。
別途必要な経費 なし
その他特記事項 【履修上の注意】
・女子学生に限る。
・座席指定にして、授業を行う。
講義内容等についてわからないことや気づいたことがあったら、授業中でも質問をすること。
多少、歴史的知識(特に世界史)が必要となると思われる。知識の不足している学生のためになるべく、それを資料などで補いたい。
わらかないことは、どんどん質問してほしい。
【事前・事後学修】
理解を深めるために、授業中に参考文献などを提示する。これにより、より深い理解が進むことが期待できる。
事前の学習として、授業計画にある用語について調べ、意味を理解しておくこと。
事後の学習としては、授業中に配られた資料で使われている用語の意味と授業で話された内容を、毎回まとめていくこと。
科目名(英語) History of the Information Society

pagetop