シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

観光人類学

開設大学 中部大学
科目コード 292810
担当教員 杓谷 茂樹
学年配当 3年, 4年
単位数 2単位
曜日
開講期間 秋学期
開講時間割1 78 15:20 ~ 16:50
教室 未定
募集定員 若干名
募集時期 9月
開講期間 9/18~1/22
講義概要 文化人類学とは、文字通り文化を扱う学問である。そこではしばしば、西欧の影響により消滅しようとしている「未開」社会固有の文化が対象として考えられてきたが、近年こういった文化も、固定的でただ消滅してゆくのを待っているわけではなく、様々な文脈の中で操作され、変容し、ときに新たに生み出されているのだという視点で見られるようになってきた。そんな文化のあり方を我々に端的に見せてくれる文脈のひとつに観光がある。この講義では、観光を巡る様々な問題を通して、そこに立ち上がってくる文化の変容・生成について考えてゆく。
【第1回】イントロダクション –観光とは–
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第2回】観光の歴史
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第3回】観光人類学の論点
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第4回】植民地主義と観光
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第5回】国際観光開発の歴史とリゾート開発の問題点
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第6回】マスツーリズムの反省とオルタナティブツーリズム
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第7回】事例研究、小テスト
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第8回】エコツーリズム
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第9回】ヘリテージツーリズム
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第10回】文化現象としての観光
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第11回】文化の商品化と真正性
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第12回】観光文化とは
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第13回】文化の客体化とイメージ
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第14回】事例研究、小テスト
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
【第15回】まとめ
〔授業外学修〕自らの観光経験をふりかえりながら授業で扱った内容について再度考える。
テキスト・参考文献 教科書は使用しない。
受講者は自らがこれまで旅行した際の体験などを本講義における議論に関連づける努力をしてほしい。
試験・評価方法 成績の評価方法
授業への出席態度、および毎回書いてもらう感想文の内容 70%
2回実施する小テストの内容 30%
成績の評価基準
観光人類学の基本的な考え方の理解の程度を評価する。60点以上を合格とする。
別途必要な経費
その他特記事項
科目名(英語) Anthropology of Tourism

pagetop