シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

情報社会論

開設大学 名古屋学院大学
科目コード 293510
担当教員 伊藤 昭浩
学年配当 3年
単位数 2単位
曜日 火曜
開講期間 春学期
開講時間割1 2限 10:55 ~ 12:25
教室 名古屋キャンパス白鳥学舎曙館502教室
履修条件 3年生以上
募集定員 若干名
募集時期 4月
開講期間 4/5~7/24
講義概要 「情報」という言葉は極めて曖昧であるが、「情報技術(Information Technology)」の高度な応用、象徴的にはデジタル化とネットワーク化をその基盤とする「情報社会」は着実に進展しつつある。
その変化の早さ、激しさは「革命」と言うに相応しく、生活、経済、産業、教育、行政、文化等々、あらゆる面での変化を促している一方、こうした「革命」は種々の問題も引き起こしており、いわゆる「影」の部分も多く生み出している。情報社会特有の「犯罪」や「社会不安」も次第に増加し、更には「ITを使える者」と「使えない者」つまり「デジタルディバイド」の問題も深刻化しようとしている。
本講義ではこうした情勢を理解し、「光」と「影」を正しく認識した上で、情報社会に生き、かつ、その健全な発展に寄与できる「常識人としての知恵」の基盤を醸成しながら、その理論や実際に対する理解を深めていく。※COC地域志向科目
1. 授業の概要と進め方、 情報システム概論
2. 情報社会への理論的アプローチ1「情報の非対称性」
3. 情報社会への理論的アプローチ2「取引費用論」
4. 情報社会への理論的アプローチ3「ネットワーク外部性」
5. 情報社会への理論的アプローチ4「標準化」
6. 情報化の現状と動向1 パソコンとインターネット、携帯電話の普及と発展
7. 情報化の現状と動向2 企業での情報活用の形態、企業間ネットワークの発展
8. 情報化の現状と動向3 インターネットのインパクト
9. IT革命とその影響1 情報化と経済
10. IT革命とその影響2 情報通信政策
11. IT革命とその影響3 情報教育、デジタル・デバイド -愛知県を事例とした考察-
12. 情報化社会の危険性1 著作権問題、プライバシー問題
13. 情報化社会の危険性2 暗号・電子署名・認証 不正アクセス
14. 情報化社会の危険性3 情報セキュリティの概念と特徴
15. まとめ
16. 定期試験期間
テキスト・参考文献 【教科書】
後日指定
試験・評価方法 レポート30%,学期末テスト50%,平常点20%
別途必要な経費 特になし
その他特記事項 【学習到達目標】
急速に進展する「IT革命」の「光」と「影」を理解し、健全な「情報社会」の担い手として行動する為の、基礎的な「気づき」と「理解」を深める。
【履修上の注意】
テーマごとに実際の事例を紹介しながら講義していくため、高い出席率とともに積極的な授業参加を求める。なお、本講義は「地(知)の拠点整備事業」に関する地域志向型科目である。
【事前事後学習】
講義ごとに告知される次回テーマについて、文献およびインターネットを用いて基礎的知識および理解を高めておくよう、各人が事前準備しておくこと。
科目名(英語) Information Society

pagetop