シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

シティズンシップ入門

開設大学 名古屋市立大学
科目コード 210719
担当教員 山田 勉(高等教育院教授)
学年配当 1年, 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 金曜
開講期間 前期
開講時間割1 3限 13:00 ~ 14:30
教室 滝子 2-306
募集定員 5
募集時期 4月
開講期間 4/13~7/28
講義概要 前半は、揺らぎつつある家族・学校・企業社会の関係について講義を受けたのち、活発な質疑と討議を行うための準備に取り組み、ゲストスピーカーの講演会に臨みます。
後半は、6つのグループごとに発表を行うための準備と発表会、振り返りを行い、授業全体のまとめとします。今期は、対面講義とTeamsによる共同作業によって構成します。ただし、新型コロナウィルス感染状況によっては、対面講義はZoom等による遠隔講義に切り替える可能性があります。また、以下の計画には一部予定を含みます。LiveCampusの授業連絡を確認してください。
(1) オリエンテーション
(2) 講義(テーマ①:社会的資源の活用能力・家政能力、「ニート」「フリーター」「パラサイトシングル」など)
(3) 討議準備(同上)
(4) ゲストスピーカーによる講演(質疑応答、討議)
(5 )講義(テーマ②:職業能力・キャリア形成力、「格差社会」「ネットカフェ難民」など)
(6) 討議準備(同上)
(7) ゲストスピーカーによる講演(質疑応答、討議)
(8) 講義(中間まとめ、グループ発表に向けた役割分担・ルールについて)
   グループ活動①-導入(自己紹介、テーマ内容の相談)
(9) グループ活動②-方向づけ(テーマと切り口、調査・準備のアクションプランの決定)
(10) グループ活動③-準備(相互レビュー、テーマ・方針修正、プレゼンの素材づくり)
(11) グループ活動④-準備(発表資料の作成)
(12) グループ活動⑤-準備(発表資料の完成)
(13) グループ発表⑥-発表(+ゲストスピーカーによる講評)
(14) グループ発表⑦-発表(+ゲストスピーカーによる講評)
(15) グループ活動⑧-振り返り+講義(全体まとめ)
テキスト・参考文献 特にありません。
試験・評価方法 ・受講姿勢・態度(20%):授業に積極的に参加し、他者を尊重のうえ、考える態度を示していること(※ 私語、居眠り、遅刻、欠席については減点の対象とします)。
・グループ発表(80%):学修到達目標の達成度を、①プロセス(成長志向のタスク共同管理、個人的貢献の高さ)30%+②プロダクト(提案の現実性)50%、の観点から評価します。
別途必要な経費 なし
その他特記事項 特にありません。
科目名(英語)
使用言語

pagetop