シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

エッセイ創作(発展)

開設大学 椙山女学園大学
科目コード 292405
担当教員 堀田 あけみ


(国際コミュニケーション学部教授)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 水曜日
開講期間 後期
開講時間割1 2限 10:50 ~ 12:20
教室 星が丘キャンパス国際コミュニケーション学部棟421
履修条件 女子学生に限る。
募集定員 30
募集時期 4月, 9月
開講期間 9/21~1/31
講義概要 【授業のテーマ】
発表と評価
【授業の到達目標/育成する能力】
より多くの作品を書き、また、触れることによって、書き手・読み手として、より高いレベルを目指す。〔技能・表現〕
【授業内容】
前期で、エッセイとは何かを考え、体得した上に、更に文章家として上質なノンフィクションの創作を目指す。文体を獲得し、読み手を引き込み、自分の世界を作るにはどうしたらよいかに主眼を置き、とにかく、文章を書く。書いて、討論し、他人の作品に触れ、世界を広げる。
【授業計画】
1.エッセイの効用
2.発表 グループ1
3.発表 グループ2
4.発表 グループ3
5.発表 グループ4
6.読み手を引き込む
7.発表 グループ5
8.発表 グループ6
9.発表 グループ7
10.どこまで書くか
11.発表 グループ8
12.発表 グループ9
13.発表 グループ10
14.良いエッセイについて
15.まとめ
【授業の進め方】
授業の軸は、発表と討論。幾つかのグループをつくり、各グループ持ち回りで、テーマを決めて作品を発表する。残った時間を、レクチャーにまわすという形式で進める。
テキスト・参考文献 なし。それぞれの作品が教科書代わりなので、自分の作品に対する矜持と、他者の作品に対する敬意を忘れないこと。
試験・評価方法 発表50%。レポート40%。コメント10%。
別途必要な経費 なし
その他特記事項 【履修上の注意】
・女子学生に限る。
・発表の日には、きちんと作品を準備すること。
【事前・事後学修】
とにかく書くことに力点を置く。授業前に発表者は作品を必ず用意する。それ以外は、他者の作品へのコメントもきちんと整理すること。作品とコメントについて、毎回まとめておくこと。講義に関する要望があれば、遠慮なく申し出ること。
科目名(英語) Essay Writing(Advanced)

pagetop