シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

演劇文化論

開設大学 中京大学
科目コード 292713
担当教員 細川 眞(国際英語学部教授)
学年配当 2年, 3年, 4年
単位数 2単位
曜日 木曜
開講期間 秋学期
開講時間割1 3限 13:10 ~ 14:40
教室 名古屋キャンパス
履修条件 特になし
募集定員 若干名
募集時期 4月
開講期間 4/6~7/20
講義概要 イギリス演劇を代表するウイリアム・シェイクスピア(1564-1616)の生涯、作品、思想、その時代の社会的、文化的背景、現代的影響を、伝記を縦軸に、作品を横軸にして概説し、テーマが関連していると思われる作品群についてはやや詳しくそれぞれの作品論を当時の演劇的、文化的、政治的背景から論じる。'milliard-minded Shakespeare'と称されたシェイクスピアの作品は、読む人、見る人によって,又時代によって多面的に意味を持つ特色を持っているので、講義を通して自己のあり方と共に、現代、未来の世界の諸問題を考えさせる。特に有名な場面の台詞は、普遍的な深い意味を帯びているので、ビデオを見ながら原文を読んで解説し、幾つか暗唱させる。シェイクスピアの英語はブランクバースという音楽的な美しい詩によって書かれていることから、その英語の習得は英語コミュニケーションに有効である。天動説から地動説へと宇宙観が変化した西洋文明の端境期に位置したシェイクスピアを学ぶことは、西洋文化の相対性を知る機会ともなるだろう。天動説に基づく宇宙観、小宇宙の人間観から、宇宙の地動説、自律した人間観へと変遷した西洋文化の中で、彼の作品群には宗教、人間、世界、人種、ジェンダー、恋愛・結婚等の近代的文化諸価値の変遷が書き込まれていることを理解させる一方、近代西洋文化が女性、他民族・宗教に差別的だったこと、又、近代化した日本も追随していたことも認識させる。
テキスト・参考文献 【教科書・教材】プリント
【参考文献】細川眞著『虚と実の狭間でーシェイクスピアのディスガイズの系譜』(英宝社) 
試験・評価方法 平常点(10%) 小テスト(10%) 定期試験(80%) 
別途必要な経費 なし
その他特記事項 特になし
科目名(英語) Drama and Culture

pagetop