シラバス詳細

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
履修登録時期

音声学講義

開設大学 名古屋大学
科目コード 230114
担当教員 宇都木 昭(教授)
学年配当 2, 3, 4
単位数 2単位
曜日 火曜
開講期間 春学期
実施形式 対面
開講時間割1 2時限 10:30 ~ 12:00
教室 未定
履修条件 履修条件は要さない。
募集定員 10
募集時期 4月
開講期間 4/11~8/1
講義概要 【目的】
この授業では、音声学(phonetics)のうちでもとりわけ、調音音声学(articulatory phonetics)、および、それにもとづいて作られた音声の記号体系である国際音声記号(International Phonetic Alphabet; IPA)について、主として学びます。

この授業を通じて、発音のメカニズムやIPAの仕組みについて説明できるようになるとともに、IPAの個々の記号に相当する音を発音したり聞き取ったりすることができるようになることを目指します。

【概要】
音声学は言語の音声を研究する学問分野です。この授業では、音声学の下位分野のうちの調音音声学(人が口・喉などの器官をどのように用いて音声を発するかを扱う学問)、および、調音音声学にもとづいてつくられた音声の記号体系である国際音声記号の仕組みを主として学びます。

【内容】
授業は講義とグループワーク(討論・発音練習)から成ります。この授業で予定されている主なトピックは以下の通りです。
・音声学とは何か
・音素と異音
・国際音声記号
・調音音声学(特に子音と母音)
・個別言語の音声の特徴
・音響音声学の基礎と音響分析ソフトウェアの操作
テキスト・参考文献 【テキスト】
斎藤純男(2006)『日本語音声学入門』(改訂版)三省堂

【参考文献】
1.P. ラディフォギッド(1999)『音声学概説』大修館書店.
2.P. Ladefoged & K. Johnson (2015) A course in phonetics, 7th edition. Stamford, CT: Cengage Learning.
3. P. Ladefoged & S.F. Disner,田村幸誠・貞光宮城 訳 (2021) 『母音と子音―音声学の世界に踏み出そう―』開拓社.
3.川原繁人 (2015) 『音とことばのふしぎな世界』岩波書店.
4.竹内京子・木村琢也(2019)『たのしい音声学』くろしお出版.
試験・評価方法 期末課題(70%)、小テスト(10%)、討論への参加状況(20%)により評価します。
別途必要な経費 なし
その他特記事項 特になし
科目名(英語) Lecture on Phonetics
使用言語 日本語

pagetop