• TOP >
  • 受講生の声

受講生の声

シラバスカテゴリー
科目コード
学年
開講期間
開始時限
修了時限
大学
科目名
単位数
曜日
募集時期

仕事学概論 椙山女学園大学大学

南山大学3年 Y・Eさん

半年間この講義を受けたことで,就職活動前に改めて“働く”ことについて学ぶことができました。映像を観たり,グループワークで他大学の学生と交流することもできて良かったと思います。自分の大学にはない講義を受講することができるので,意欲のある方には是非この制度を利用することをお勧めします。

薬用植物学,自然災害とレジリエントな社会Ⅰ 名古屋市立大学,コーディネート科目(H28年度)

南山大学2年 M.Kさん

この制度を利用して,受講した授業内容についての関心が高まりました。その大学の特色ある授業であったり、自分の通う大学では開講されていない授業を履修できるこの制度は,使えるうちに使わないともったいないと思います。せっかくのチャンスなのでもっと他の授業も履修してみようと思っています。

デザインと持続可能な未来社会 名古屋市立大学

愛知学院大学 1年生 S.Oさん

今回のテーマは私が実際に通って学んでいる学部には全く関係のない講義内容でしたが、建築やサインデザイン、エコロジーといった幅広い分野で勉強することができたので、とてもおもしろかったです。また環境について特に学びたいと思っていましたが、なかなか叶わなかったので良い機会になりました。また、照明についての講義もあり、実際にお仕事で使用されている機材に触らしていただける機会があり、とても貴重な時間でした。

ジェンダー・セクシュアリティ論Ⅱ 椙山女学園大学

愛知学院大学 1年T.Nさん

自分の大学ではジェンダーについて深く学ぶ機会がなく、せっかく無料で受けられるならと受講しました。 ゲストスピークの授業も数回あり、様々な視点からの話がきけて面白かったです。セクシュアルマイノリティの話題が、メディアで触れられる機会が増えてきているからこそ正しい知識をもつことが大切だと思います。女子大ならではの雰囲気で楽しい授業だったので、ぜひ多くの人に他大学の授業も経験してほしいです!

デザインと持続可能な未来社会 名古屋市立大学

名古屋学院大学2年生 K.Mさん

この講座はアトリエ系デザインスタジオから大手ゼネコン、インテリアやプロダクトはもちろん、ランドスケープや街づくりまで様々な業種の方のお話を聞くことができ、自分の将来の参考になりました。私は大学で建築とインテリアを学んでいますが、ひとくくりに【建築学生】といっても就職先は幅広い事を知る事ができましたし会社内容について、そこで働いている方に直接聞けるということは、滅多にない機会なのでとても勉強になりました。

デザインと持続可能な未来社会 名古屋市立大学

中京大学 3年 S.Mさん

講義は、5日間というまとまった期間だったため、集中して講義を受けることができました。同じテーマでも講義をする人によって内容ががらりと変わるため、いろいろな視野から考えることができると思います。他の大学で講義を受けたい人や、他学部の講義が気になる人はぜひ受けてみてほしいです。

自然災害とレジリエントな社会Ⅰ・Ⅱ コーディネート科目(H28年度)

名古屋工業大学 2年生 A.Sさん

一年を通して参加しましたが、この講座を受けることによって様々な分野の知識がどのように関係し合って防災につながっているのか知ることができました。一つずつの分野を学ぶことはできても、それがどう活かされるのかを知る機会は少ないように思うので、ぜひこの講座を受けてみて下さい!

自然災害とレジリエントな社会Ⅰ・Ⅱ コーディネート科目(H28年度)

名古屋工業大学 2年生 I.Oさん

僕がこの講義を受講しようと思ったのは、東日本大震災を受けて何ができるのかを考えたときにまずは災害についての正しい知識を身に付けようと思ったからです。この講義では防災、減災に関して工学、歴史学、心理学といった多様な分野の先生方がお話してくださり、幅広い分野で物事を考えることができるようになりました。時間帯も夕方で自分の通う大学の講義と重なることがないのでおすすめです。

人間関係プロセス論 ーカウンセリング・アプローチー 南山大学

愛知教育大学3年 Y.R

他大学で普段関わることのない学生や先生方と時間をともにして、いつもとは異なる視点から自分の専門分野を捉え直すことが出来ました。私は中学校での教育実習を控えた時期に受講し、授業や生徒との会話など多くの場面において南山大学で学んだことを生かすことが出来ました。
また、1人で行動する度胸がつき、知りたい、学びたいという自分の気持ちに素直に行動することの楽しさを知りました。
興味を持った方、ぜひこの制度を活用してみてください。

デザインと持続可能な未来社会(名古屋市立大学)都市と環境(名古屋大学)

愛知淑徳大学2年 R.M

わたしが愛知学長懇話会の単位互換制度を利用して2つの科目を受講したのは、自分の関心のある分野について、もっと深く学びたいと思ったからです。
この制度の魅力は、自分自身が所属している大学や学部ではなかなか受講できない講義を聞けることと、他大学の雰囲気を楽しみながら有意義な時間を過ごせることにあります。
もし、迷っているなら受けるべきです。やらずにいると、一生後悔するかもしれません。折角の機会だからやらなきゃ損です。

デザインと持続可能な未来社会 名古屋市立大学

椙山女学園大学2年 A.Mさん

夏休み期間の集中講義として、毎回様々な場所で活躍されている方が講演をして下さる。自分の知らない世界を見ることができ本当に楽しかった。デザインという分野の幅の広さや最先端の技術などを学び、自分が今後どう学生生活を送っていくべきか考えさせられた、とても刺激的な2週間だった。できるのであればぜひ来年度も参加したい。

日本文化学講義 名古屋大学

南山大学3年 N.Kさん

私たちが日々使用している日本語について、様々な角度から考察しました。私は普段、英語を使って勉強する機会が多いので新鮮でしたし、留学生の方も受講していたので彼らの考えには驚かされました。
この単位互換制度は、無料で他大学の講義を受講できる良いチャンスだと思います。選択肢も多いので有効活用すれば学びの幅が広がるのではないでしょうか。

人間性の探究1(音楽と文化) 名古屋市立大学

名古屋外国語大学3年 Y.Kさん

外大から1時間かけて講義を受けに行く、それが苦にならないくらい興味深い内容でした。実際に音楽を聴きながら音楽史について学びます。対象となるジャンルは、音楽に関わるもの、つまり楽器やオペラ、バレエなども含まれます。講義の進め方もわかりやすく、随所に学生の興味をひく工夫がされていました。グループワークはないので、一人での受講も可能です。音楽に少しでも興味のある方は、積極的に受けるべき講義だと思います。

pagetop